テレクラは誰が使うのか

テレクラを利用する条件としては、年齢制限以外に特に厳しいものはありません。
年齢制限にしても、未成年ではないことくらいの制限があるのみで、上の制限などは特にありません。
最近では男女の出会いのための出会い系サイトも増えてきていますから、こうしたインターネット上の出会いはかなり多くなっているようです。
少し前ならば出会い系サイトからの出会いというのはアングラで危ないイメージがありましたが、今ではそれも変わってきています。
インターネットから知り合って実際に出会う、ということについても抵抗を感じない人が増えてきていることでしょう。
こうした情報が増えていく中で、やはり自分自身で情報の選別をすることが大切になってきます。
実際に誰かと出会いたいのか、それともテレクラで離れたところで楽しみたいのかによっても選ぶサイトは変わってきます
出会い系サイトにも大量の登録者がいる一方で、テレクラの相手募集のサイトにも多くの利用者が登録をしています。
この流れが続けば、現在大規模のサイトでもさらに規模を大きくしてサービスも良くなっていくことでしょう。
インターネットの便利なところは、外での日常生活ではなかなか出会いを求めることが難しい人でも、気軽に相手を探せるというところにあります。
テレクラならば離れていても、時間さえ合えば遊ぶことができますから、ハードルはあまり高くありません。
性欲を電話で解消するということに少し寂しさを感じるかもしれませんが、そのほうが手軽という意味では人によってはそのほうがあっているかもしれません。
それに実際のセックスならば相手の見えている容姿がすべてですが、テレクラの場合にはそこも想像力でカバーできます。
実際に出会ってデートをするのではなく、テレクラでも十分に楽しめる時代が来ているということですね。

乙女がテレクラに求めるもの

世の乙女たちがテレクラに殺到しています。その背景には何があるのか・・・そんな疑問を抱いた僕は、実際にテレクラを楽しみ、それとなく質問してきました。

・セックスはデメリット多し
避妊してくれない、性病が怖い、最近はエイズも増えてるし!と、非常に現実的な理由。また誰もが情報配信可能になった昨今は、行為映像の売買も問題化しています。事実、そうした被害を受けたという乙女もいました。
・彼氏が下手
浮気するつもりはないけど、堪るものは堪る。でも自慰は物足りない!という乙女も目立ちます。同様の理由で、日中から行為に耽る人妻も多いです。

・女子力向上
どうも、テレクラ=紳士淑女の嗜みというイメージが広がりつつあるみたいです。そのため女子力UPを狙う乙女は、ワンランク上の自慰を漫喫するために日夜努力を欠かしません。

・遠距離恋愛もどきを楽しみたい
これは昔から言われていますね。所謂ごっこ遊びで、恋人に為りきっていちゃいちゃ自慰を楽しむそうです。
乙女の事情が何にせよ、仲良くなるコツは共通しています。
一つ、フィニッシュは乙女に譲渡するべし。自分が途中でも、乙女が達したらそこがフィニッシュです。
二つ、乙女がフィニッシュした後の余韻を大切にするべし。「終わった?じゃあまたね!」と切断するのは厳禁です。乙女の良かった点(声や要求)をあげ、自分も楽しめたことを伝えましょう。
三つ、挨拶をしてから切断すべし。相手の様子が窺えない状況では、一言の挨拶が爆発的な威力を持ちます。次回に繋がる可能性を秘めているので、挨拶をし紳士的に切断しましょう。

安心・安全なテレクラ

■性欲の発散方法
人は皆、男性に限らず女性ももちろん性欲を持っています。
そして、それを発散させることが必要です。
既婚者や恋人などがいる人なら問題はないかもしれませんが、そんな相手がいなかったりいてもセックスできない、会えないといった状況ならば、誰かセックスのできる相手を求めることになるはずです。
最近では、そんな人たちがセックスの相手を探すために利用する出会い系サイトなどが人気です。

■リスクにあわないために
ネット上の掲示板に書き込んだりメールのやり取りをし、見ず知らずの相手と会ってセックスができるという「お手軽さ」から多くの男女が利用しています。
この方法はセックスをする相手と比較的簡単に出会いやすいという点がメリットですが、その一方でデメリットやリスクも抱えています。
まず、どこの誰ともわからない相手ですから、実際に会うまではどんな人物か判明できないという点です。
もちろん問題に巻き込まれないように何度かメールのやり取りをしたりして相手の素性を知ろうとはしますが、それだけで簡単にわかるのはなかなか困難なことです。
問題ないだろうと思って実際に会ってみると、実は暴力的な人物であったりヤクザまがいの人物だったり、あるいはストーカー行為をされるようになったという事例も珍しくありません。
また、見知らぬ人物とセックスをするのですから性感染症に掛かってしまうというリスク、さらには女性の場合には望まぬ妊娠といった危険性も考えられます。
さらにお金を盗まれたり脅迫・恐喝の類にあったりするなど、多くのリスクを秘めているのです。
それらのリスクを回避したうえで、安全・安心に性欲を満たす方法としてテレクラがあります
実際、リスク回避のための性欲解消手段としてテレクラをプレイしている人も少なくないのです。
相手に会わなければ、前述のようなリスクに出会う危険性はありませんからね。

テレクラを愉しむ女性

■満たされない夜に

テレクラは男性のためのセックスプレイと思っている女性も少なくないのではないでしょうか。
或いは、プレイしている女性は性に飢えた中年オバサンばかりというイメージを持っている人も多いように思えます。
けれども、普通のセックスなら男女関係なく行なうのに、どうしてテレクラにはそんな「偏見」を持ってしまうのでしょうか。
セックスがしたいと思うのは男性だけではありませんし、中年女性だけでもないのです。
性別や年齢に関係なくある程度の年齢以上の人間なら誰しもが多少なりともの性欲を持っているのですから、それを満たしたいと考えるのは当然です。
結婚していたり恋人がいる人なら、そのパートナーとセックスすれば性欲は発散できます。
でも、そういった人がいないならどうすればいいのでしょうか。
さらに、男性なら風俗といった性欲を発散させる場所がありますが、女性にそんな場所はほとんどないのが現状です。
性欲を感じながらそれを解消させることも叶わず、寂しく夜を迎える…。
そんなのストレスが溜まりまくりで、精神的におかしくなってしまいそうです。

■快感を求めて

オナニーで性欲を解消させるという方法もありますが、それではなんだか空しい、もっと刺激的な方法で快感を得たいという場合におススメなのがテレクラです。
テレクラは、男女のお互いのコミュニ―ケーションによって性的興奮を得るセックスプレイです。
相手の感じている声や雰囲気を味わいながら、自分も快感に浸っていく…。
これはリアルなセックスでは感じることのできない愉しみでもあるのです。
そのため、普通のセックスに飽きたという人が新たな刺激を求めて行なっているケースも少なくありません。
リアルな普通のセックスがいいか、バーチャルなテレクラがいいかといった問題ではなく、どちらも刺激される部分が異なりそれぞれに悦びがあるのです。

てれくらの最低限のマナー

インターネットを利用していくと見ず知らずの人と接していくことになります。
そのためどうしても日常生活のなかでは当たり前に使っているはずの挨拶や敬語といったものを忘れてしまいがちになってしまうようなこともあるかもしれませんが、ネット上においても挨拶や敬語といったものは必要になっていきます。
てれくらにおいてもほとんどの人たちが出会っていくお相手というのは今まさに知り合ったばかりだという人が多いことでしょう。

そんな人相手にいきなりのタメ口であったり、挨拶らしいものもなしに話しかけられるようなことがあれば嫌な気分になってしまうと思いませんか?やっぱりネット上の付き合いややり取りであったとしても最低限のマナーというものは必要不可欠になっていくということになります。

ついつい気軽に接していくことによって付き合いやすい人物像をアピールしてしまうようなてれくらユーザーの姿もあるかもしれませんが、それは逆効果になっていきます。
この人はマナーがないから付き合いにくい人だ、と周囲からは思われるようになってしまうことでしょう。
それが嫌ならば人としてのマナーは欠かすことなく接していくようにしましょう。

Copyright© 2010 より良い相手とテレクラを楽しむコツ All Rights Reserved.